メインテーマ無し。その日その日の自分記録。


by sako375
カレンダー

ローガン

かのX-MENのスピンオフ映画。

ミュータント族はいなくなり、生き残ったローガンは、寝たきり老人になったプロフェッサーXの世話をしながら、メキシコの国境近くで、リムジンの運転手で生計を立て、ひっそり暮らしている。
ローガンも、歳を取り、神通力も体力も衰えた。
そこに、この世に存在するはずのない一人のミュータント少女が現れ、助けることになる。

e0191206_19323824.jpg

ミュータントは別種の人種。人間は自分たちと違うものを利用できなければ排斥しようとする。
共存と平和を望んだミュータントたちは、自らの地位を得ようと戦い続けてきたのだったが、、、

17年も続いたX-MENシリーズは、CGを駆使したグロい大アクション映画というだけじゃなく、どんどん排他主義に陥っていく人間社会を描くことが底辺にあったのだった。前もって映画評を読んだし、制作に関わった監督ほかの人たちのおかげで、初めてわかった。

とはいえ、これまでにも増してグロ〜い、残虐この上なし。
衰えたローガンが最後に見たものは、悲しい諦め?愛情?希望?
ヒュー・ジャックマンは1作目からずっとローガン(ウルヴァリン)役で出演してきたが、この作が最後なんだと。

X-MENのシリーズも多分終了。もし製作されるとすれば、今回出てきた少女(ばか強い)が大人になって、、かな。
でも、これ以上新しい物語をつくりだせるかしら。




# by sako375 | 2017-06-05 21:46 | 本、映画 | Comments(0)

クロバナロウバイ

絵クラスの友人にクロバナロウバイの鉢植えをもらった。
とにかく増えてしようがないのだそう。
小さい鉢いっぱいに、太いの、細いの、幹が伸び育ち、枝分かれして60cmの高さに葉が茂り、枝同士で絡まって、意味わからない。普通に置くと転んでしまう。
植木鉢の中は、全体が根の塊で土はどこ?


e0191206_20351856.jpg
ぎっちり固まった根を植木ばさみで切り開き、1株分(と思える)はお隣へ。
あとは大きい植木鉢に植えた。
明日の朝には、葉っぱも蕾も全部しおれているかもしれない。かわいそうに、ごめんね。

あとで、ネットの園芸サイトで調べたら、クロバナロウバイは春先に咲く黄色い蝋梅とは全く違う種類で、大木になるもの背の低いもの、花の大きさなど何種類もあり、黄色い蝋梅ほど植え替えに気を使わなくてもいいらしい。

いずれにしろ、私は基本的に園芸は苦手。その私に下さる人もナンだと思うが、もらう私も私だわ。
でも、この友人は、「あの花、どうなった?」とあとで確かめることをしないから嬉しい。




# by sako375 | 2017-06-03 21:25 | 庭仕事 | Comments(4)

犬のサプリメント

年寄り犬はほとんど寝ているものだが、それにしてもこのところコタローは歩くのもやっと、の状態。いくら13歳になったからといって、あまりに急過ぎないか。

コタローは、股関節変型症で、両腰の股関節が平らで噛み合っていない。
それで、楽になるサプリメントを長い間飲んで(食べて)いた。


病院を変わった。医師がイケメン♡で感じいい。予約診療してくれるからゆっくり診てもらえる。
その病院では、これまでのサプリメントは扱っておらず、成分は同じで炎症止めの入った薬のような栄養剤を5日分、お試しに処方してもらった。(何しろ高価!!)
それを飲み終わり、もったいないから残っていた以前のサプリメントも食べ終わってからしばらく経つ。
トボトボ歩くようになったのはそのせい?
犬は単純だから、本当に効いていたのかしら。

ネットで調べたら、さすがamazon。病院で買うよりちょっとばかり安いし。。

クロネコの女性アルバイトさんはコタローが外にいれば、いつもナデナデしてくれるのだが、
「コタちゃん!」と呼んでも、ピクリともしない。
死んでるんじゃないかと焦るよ。

e0191206_19532221.jpg

1日1つ。1錠というには大きすぎる。砕いて、犬用おやつチーズと一緒にごまかして食べさせる。それでも2回に1回はそっぽを向いて拒否する。
飼い主の心、犬知らず。

e0191206_19531652.jpg


気休めでもなんでも、とにかく食べなさい。




# by sako375 | 2017-06-02 21:21 | うちのイヌ | Comments(2)