メインテーマ無し。その日その日の自分記録。


by sako375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

私の年末のご挨拶

母は生前、「おばあちゃんが(私の祖母)、やらなくちゃ、と言いながらさっさとしない。早く済ませればいいのに、と思っていた。自分がこの歳になったら、おばあちゃんの気持ちがよくわかるわ」とよく言っていた。

今の私も全くその通りで、おばあさんだからしようがないわ。
ただ私は「やらなくちゃ」と口に出さないだけ。

まだ、お正月のお飾りも買ってない。明日と明後日がある。
大掃除なんてとんでもない。これは、もう間に合わない。
でも大掃除をしないと決めるとなんと気が楽。うちのように散らかりまくり、汚れまくっていると、ちょっとやそっと、掃除をしてもあまり変わらないのだから。

ブティックでもらった、戌年用ワンコの置物、可愛い♡

e0191206_21285529.jpg

我が家の犬は、私が牛肉を食べさせたせいかお腹を壊した。ご飯を半分で寝てしまった。
代わりにシロクロ猫

e0191206_21290453.jpg

サバジローは、コタローに吠えられて家出中。


みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。
ご多幸をお祈りいたします。




# by sako375 | 2017-12-28 21:34 | 日記 | Comments(6)
谷口ジローというマンガ家の本。
谷口氏は、マンガの芸術的側面を大きく切り拓き、フランス芸術文化勲章を受賞した才人。
2017年2月、その巨大な才能を惜しまれつつこの世を去った。

「犬を飼う」は1991年、コミック誌ビックコミックに発表された作品。
飼い始めて14年、老いて体の不調を訴えるようになった愛犬の死までの妻と私(夫)の1年間の記録。
永遠の人類の友「犬」が、犬を愛する人々に与えてくれる大切なものの大きさを知らしめてくれる作品。
2編目は、後に猫を飼うことになった話。

e0191206_19223766.jpg



別に、コタローがトシでよれよれしているから、とか、来年が戌年だから、というわけではなく、谷口氏の遺作「光年の森」が発売されたから、検索して、1冊より2冊、と購入したのだった。


谷口氏の絵は、漫画というより絵画。某絵画展の図録に負けない。物語も素晴らしい。

谷口氏の本を買ったのはいいが、
なんだ、この猫は?

e0191206_19222098.jpg

無理無理膝に上がってくる。だけじゃなく、本の上に乗ろうとする。
諦めたのは私の方。なんだ、この甘えようは?

e0191206_19223191.jpg

サバジローは本気でうちの猫になったつもりらしい(よく家出するから、私は未だにに疑っている)。
今はクッションを敷いたダンボール箱に寝ている。コタローの腰が楽チンなように新しい犬ベッドに取り替える予定だが、ついでにちゃんとした猫ベッドも買おうと思っている。年末年始は宅配さんがメチャ忙しいから、急がないものは来年回しにしたのだが、本より猫ベッドにすればよかった。
本だって急がないのだけれど。。それとこれとは別。


ぐっすりコタロー。うーん、歳をとっても可愛い。

e0191206_19224104.jpg

年寄り夫婦の冴えない雰囲気の家に、若いと思われる猫が来れば、雰囲気も若返るものかしら。
猫ストレスで痩せて、体が軽くなったのか、散歩でもトロトロしない。ご飯もきちんと食べる。さっさと起き上がって、猫にワンという。

しかし、
起こすと、機嫌悪そうな欠伸。

e0191206_19225254.jpg

そしてまた寝る。

e0191206_19224695.jpg



そして猫も寝る。
e0191206_19231845.jpg





# by sako375 | 2017-12-26 19:36 | 本、映画 | Comments(5)

なんでも途中

私は、4月から月2回の油絵教室に通っている。大きい全国展開のカルチャーセンター。
以前そこの講師をしたことのある画家さんが、教室を閉じるため、たくさんある額縁を下さるという。
クラスの人がもらわない中、私は、10号用と6号用を1枚ずつもらった。

みんながもらわないのは当然だった。改めて見ると、重い、大きい。
カルチャーセンターは駅ビルのワンフロアで、各店のお客の買い物品をクロネコさんが集荷して回る。職員さんが集荷を頼んでくれた。
なんと、サイズオーバーで2枚の額縁を1枚ずつに分けたから、配送料は2つ分。いつもアマゾンのプライム会員で送料無料で注文しているから、びっくりした。

e0191206_21513962.jpg


4月から始めて本当なら4枚仕上がっているはず。
クラスの人は、皆さんベテランで、どんなモチーフでもさっさと描きあげるが、私は3枚は途中でほったらかし。
絵の具の色さえ、まだろくに想像つかないのだから、時間内に仕上げるのは無理、無理。額縁をもらっても、全く意味ない。

流石に、1枚くらいは仕上げたいから4枚目はデッサンをさせてもらった。木炭なら、絵の具の色を考えなくてもいいと思ったから。
某大学の芸術学部の講師の先生。私が裸婦デッサンで木炭をよく使っていて、基本的な描き方を習ったことがあるせいか、私に期待過剰デスヨ。
シロートだから「適当」を許してもらったが、ここがコレコレ、と指摘されると、「やっぱり変だよね」と納得。
とはいえ、モデルさんに2度と会うことはないから、直せない。
(想像力で直すつもりだけど。。)
結局、今年最後の1枚も途中で終わるのだった。




# by sako375 | 2017-12-21 22:14 | 日記 | Comments(2)