メインテーマ無し。その日その日の自分記録。


by sako375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今日のコタロー

8月の終わりの日。涼しく始まって、なんだか肌寒く終わった。
途中の猛暑に、右往左往したが、引きこもっていれば、季節は移っていくものだわ。
(来週には残暑が戻るらしいけれど。。)

涼しいから、コタローに「羽毛布団」を出してやった。

やっぱりフワフワは気持ちいいね。

e0191206_19480989.jpg



by sako375 | 2017-08-31 19:48 | うちのイヌ | Comments(4)

今日のコタロー

久しぶりに、起きているコタロー。

とーちゃんが早朝から出かけたので、今朝はかーちゃんが散歩。
涼しいね、気持ちいいね。
コタローもトットッと(本当は、少し速めのトロトロ)歩く。

カメ見っけ。
e0191206_15193683.jpg

市が草刈りをした。涼しいからカメも出てきたのだろう。

若い頃は、前足でつつてみたり、押してみたりして遊んだが、鼻を近づけるだけでも、おっかなびっくり。
カメは、首を引っ込め、ひたすら災いが通り過ぎるのを待つ。

e0191206_15192431.jpg

どうしていいかわからないコタローは、行って戻ってを繰り返し、、
佇んで、次のカメの出方をじっと待つ。

e0191206_15195234.jpg


あー、どちらも動かない。
カメに興味がない飼い主は、とうとうおやつを出して、引っ張ったのだった。


スマホのカメラが変。
縦横の割合を変えた覚えもないのに、正方形の写真になる。どうやっても戻らない。
だいたい、基本機能だって、余計なお世話ばかりでやりたいことに使えない。なのに、バッテリーなのに、バッテリーはどんどん減る。
そろそろ替え時かな。


by sako375 | 2017-08-28 15:37 | うちのイヌ | Comments(2)

サバジロー顛末記

一昨日(金曜日)のブログの後、
庭で猫箱の置き場所の大きさを測っていたら、サバジローがどこからかやってきて、そばでゴロゴロしていた。
ケージをもってきて、ホイと抱いたら、おとなしくケージに入った。
なんと簡単、もっと暴れるかと思った。

近所の犬猫病院に電話。
とりあえず、土曜日手術、日曜日お迎え、にしてもらって、金曜日からサバジローは病院にお泊まりした。

今朝、引き取りに行ってきた。
猫を「持って」行ったときにも、健康診断や手術の内容、その後の生活のこともを、きちんと説明してもらっていたから、検査結果の説明を聞いて、「お世話になりました、ありがとうございました」とにこやかに帰宅。
評判通りの丁寧な優しいお医者さん。良かった♡ 
ケージの中でニャーニャー鳴く。大きいから声も大きい。5,6Kgもあった、重いわけだ。
私としては、ケージから出した途端逃げられると困る、猫の居場所をまだ作っていない、どこで出す?
いつもご飯を食べている勝手口の外で、出てきたところを抱いて地面に下ろした。
よほどうるさかったらしい。シロクロが飛んできて、すり寄って「探したんだよ」(本当に探していた)

シロクロの飼い主のお隣さんも「聞こえた」と覗きにきた。
ご飯をやったら、食べること食べること。うるさかったのはお腹が空いていたせいだった。

お腹が収まって、一休み。
耳を切ってもらった。桜耳のサバジロー

e0191206_17084891.jpg


シロクロが「調子どう?」と寄ってくるが、

e0191206_17100516.jpg

とりあえず、休むわ。

e0191206_17081081.jpg


私は、蚊に刺されながら、あれを動かし、これを片付け。
車の下にいなくてもいいように、車の後ろに、台を作ったが、


e0191206_17090083.jpg

興味を持ったのはシロクロの方。
この台は失敗だった。撤去しよう。


寝場所を2箇所も作ったが、やはり車の下。

e0191206_17091140.jpg
「何もしていらない。ご飯をくれるだけでいい」の図。


その間コタローは、朝の散歩の後からずっと庭でいつものポーズだった。

e0191206_17080302.jpg

コタロー!と呼ぶと、起きるが、


e0191206_17083413.jpg


要するに、見えなければ、いいんだ。
コタローもサバジローも、だんだん慣れるだろう。


ぼんやりしているうちに、今週で8月が終わる。驚き!!
新鮮な気持ちを保ち続けるのが、きつくなった。




by sako375 | 2017-08-27 20:14 | 日記 | Comments(6)

サバジロー仕事

サバジローを病院に連れて行きたいが。。。。

サバジローは、ご飯を食べているときなら捕まえてケージに入れることはできる。
でも、そのまま病院に行ったら、その後、うちにご飯を食べに来なくなるだろう。
前の、シロクロの友達のクロは、ご飯をものすごく警戒して、そのままいなくなった。
知り合いのうちでは、里親会で貰い受けた子猫が、避妊手術から戻って、ケージを開けた途端に脱走。結局、行方知れずらしい。
コタローがいるから、家猫にはできないが、寝場所とご飯とトイレは、庭にある。遠くまでうろつかなくても、穏やかに過ごせるよ。
と言っても猫には通じないか。


適当な縁台をホームセンターで見つけて組み立てた。

e0191206_14534084.jpg

暑!!!
植木鉢置きにしている汚いレンジ台と組み合わせて、コタローから見えないように猫小屋を置こう。
しかし、暑!!
明日だね。

 
サバはどこ?
オットの車の下には、シロクロが、、。

e0191206_14543325.jpg





by sako375 | 2017-08-25 15:23 | 日記 | Comments(0)

マルウェア?

昨夜、マルウェアにひっかかったらしい。

サファリ(Mac)を見ていると、突然、画面にウィルスに感染している恐れあり、の四角い表示。
アップルからこんな連絡が来ることは決してない。なんなの、失礼な。
サファリを閉じようにもクリックできないように、裏表示。強制終了したくても、サファリが動作中とかで終了拒否。
しようがないから電源を切った。
次に電源を入れると、画面が、真っ赤っか。「警告、クレジットカードの番号やら銀行の口座番号などなどが盗まれる恐れあり」
何度やっても同じ。
要するに、この画面を消すために、お金を払いなさい、の類なのね。
慌てたから、写真を撮るのを忘れた、残念。

タイムマシーンという、日々のデータを自動保存するアプリを開いて、一昨日のデータを復元して無事、再開した。

今朝、一番にアップルサポートに電話した。私のやり方で良かったのか、何かしておかなければいけないことはあるのか。
さすが、ウイルス関連は対応が早くて、簡単に終わって解決した。
私は、変なボタンを触らずに、タイムマシーンで復元したから良かったのだそう。

タイムマシーンは便利だわ。私は、大事なファイルなどないから、日々のデータ保存などいらないと思っていたが、こういうこともあるのだった。
そういえば、このPCを買った時、「アプリが壊れることもあるから、外付けハードディスクと併用すればいいですよ」と言われたっけ。
外付けは、写真用にしか使っていない。新しいのを買ってこよう。


サファリで何を見ていたかというと、野良猫サバジローのための猫小屋を探していたのだ。
そろそろ捕まえないといけない。
野良雌猫が徘徊しているのを見かけたし、巨大野良雄猫がサバジローを威嚇していた。

肝心のサバジローは、ご飯の時間になると、勝手口でニャーニャーいう。私に撫でられても平気だし、顔つきも穏やかになった。ところが、ご飯を食べるとさっさとどこかへ行ってしまう。以前は、オットの車の上や下で寝そべっていたが、最近はいない。
多分、コタローのせい。

e0191206_12094589.jpg


玄関ドアの前に寝そべっている。べたっと眠っていて、そばを通っても気づかないのに、時々、ワン!!という。


猫キャリーと、作りかけのダンボールの猫小屋。

e0191206_12095435.jpg


サバジローにとっていい場所条件とは、
コタローが気がつかない、仲良しシロクロのいるお隣が見える、猫好きお向かいさんが帰ってくるのがわかる、雨がかからない、
だが、我が家には難しい、ムム。



by sako375 | 2017-08-23 12:27 | 日記 | Comments(6)

絵のこと

4月から別の教室で油絵を始めた。1週おきの日曜日の午前、2時間半のクラス。
事情があって山のように持っているパステルはまだ全然減っていないのに、画材が増える一方。

油彩初心者クラス、というから入ったのに、クラスの人は自分の絵が描ける経験者ばかりだった。

これ、どうするんですか。これはこんな色なんだ。期待した色と違う。塗り残しがあった、でも同じ色が作れなくてその部分だけ宙ぶらりん。オイルと筆洗液を間違えました。パレットナイフはまだ持ってません。
ま、いいか、なんとか1枚目(静物画)をやっつけて、

人生で2枚目の油彩の下絵

e0191206_21483401.jpg



講師の先生によって、モノの見方も進め方も違う。
パステル画にも役に立つ。まさに相乗効果。
どんな絵になるのか、楽しみだわ。



by sako375 | 2017-08-20 22:23 | 日記 | Comments(4)

アルチンボルド展

アルチンボルド展を見てきた。国立西洋美術館(6月20日−9月24日)

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593)は、イタリア・ルネッサンス期の次のマニエリスム(?)の時代の芸術家。
多種多様な動植物の緻密な絵を組み合わせて男性の横顔を形作った。
(アルチンボルドの公式ホームページを見てください)

私は、1、2度写真を見たことがある程度で、名前も今回初めて知った。
だいたい、写真の1、2度でも、忘れられないくらい強烈な印象を受けたのだが、実は、その印象は、私には、あんまり。。。

でも、今週は特別な用もなかったし、上野では、近代美術館でもボストン美術館展をやってるから、はしごしてもいいかな、と出かけたのだった。
上野はいつも何かしらイベントがあるから、公園口は混んでいる。子供連れが大勢。
あー、今は夏休みだったのだ。
しかし、子供はアルチンボルドは見ないだろうという期待で、美術館へ行ったら、なんと混んでいた。

e0191206_22534286.jpg
(どうもカメラの露出を間違えたらしい)

美術館の中も、子供がいっぱい。でも騒ぐわけでもなく、
あるお母さん「ほら、鳥さんがいっぱいいるよ」
子供「わあ、孔雀だねえ」と楽しんでいた。
私は、というと、
ほとんどが本邦初公開であるにもかかわらず、なんだかなあ。

例えば、動物たちで構成された「大地」は、1匹(1頭)それぞれがそれだけで1枚の作品になるくらい緻密な描写。
近づくとあまりの隅々までの描写力、表現力、正確さ、構成力に圧倒される。だけど、離れると、気持ちわるーい。
混雑していたから、じっくり見られないのが、幸いだった。

絵葉書購入

e0191206_22532141.jpg

疲れた〜〜。

疲れたから、ボストン美術館展はパス。帰りにチーズケーキを買った。

e0191206_22535356.jpg

帰宅しても食べる気力もなし。明日食べよう。








by sako375 | 2017-08-18 23:03 | 日記 | Comments(4)

まな板

まな板の種類はたくさんある。いろいろ使ってきた。
使い潰して、というか、使いづらくてボツにしたのもあるが、結局落ち着いたのが、「桐」のまな板。
軽い、包丁の刃当たりが抜群。

ある日、オットが「焼きサザエのフタが開かない」ので、金槌とドライバーでガンガンやっつけた。
あまりうるさいから、どうしたのかと台所に行って見ると、まな板の上での、ガンガンだった。
これは桐だよ。柔らかいんだよ。
まな板に、穴ぼこができた。

まな板を干すと、その窪みのところを中心に割れ目が入った。もっと乾かすと分裂しそうで、あまり乾かせない。
それでも我慢して使っているうちに、よく干せないせいか、窪みのところから腐って(?)きた。

やっと買い換えた。
桐製まな板のメーカーは多いが、私のお気に入りは、ちょっと高いめ。
家具から何から桐製品の製造メーカーの桐子モダンというシリーズ。まな板は大中小あって、うちでは小サイズ。

e0191206_20341229.jpg

下が今までのまな板。汚れているのは料理の最中に届いたから。
新まな板が濡れているのは、料理の続きのために洗ったから。
上は、メーカーのまな板チラシ。




by sako375 | 2017-08-17 21:08 | 日記 | Comments(4)

野良猫サバのその後

野良猫サバは、オットが「サバジロー」と呼ぶから、名前をサバジローに変えた。

人馴れしているから、飼われていた経験があるようだが、近所の電柱にも張り紙はなく、保健所のホームページの保護猫を見ても、こいつらしい猫はいない。お腹が空いても雨が降っても自宅(?)に戻った様子は全然なく、かといって、今更私が「預かっています」の張り紙を出す気はない。
お隣のシロクロにくっついてやってきてから1ヶ月以上経つ。

オットの車の下のサバジロー

e0191206_13533897.jpg


ここにいると、シロクロがどこかから戻ってきても、私が勝手口を開けても、ネコ好きのお向かいさんが帰宅した車の音も、すぐにわかる。


とここで、画像を取り込みに失敗。記事が消えた。戻らない。
うららさんがよく、消えた!!とがっくりしていらっしゃるけど、私もだわ。

書き出しだけ、下書き保存してあったから、その続き。
とにかく、新しい居場所を作ってやったら、機嫌よく入った。

e0191206_13485927.jpg



カメラを向けると、いつもはすぐ逃げ出すのに逃げ出さないで、朝ごはんの後から、昼過ぎも寝ている。


病院のこととか、去勢のこととか、今後のこととか、いろいろ考えた記事を書いたが、また同じことを書くのは面倒くさい。

めちゃくちゃ重い猫砂を入れた、バカバカしく大きい猫トイレ。
サバジローの通り道において、時々「ウン○、ウン○」と猫砂遊びをしてみせるが、気配は無い。

e0191206_13122699.jpg



by sako375 | 2017-08-12 13:58 | 日記 | Comments(6)

醤油アーモンド

私は「暮らしの手帖」が好きで、割と利用する。
ところが「アレがあったはずだ」と思っても、どの号に載っていたのかわからない。
8,9年分となると、どんな料理があったか思い出せない、探せない。
お料理だけでも分かりやすい索引を作るつもりで、時々古い号を読み返してみると、
こんなのあったっけ?要するに読んでない。

特集の他に、短いエッセイ『素敵なあなたに」の中に、簡単で面白い料理が出ている。
醤油アーモンドは、全然読んでいなかったクチの記事。

e0191206_15452598.jpg

生アーモンドをオーブンで焼き、たまり醤油を絡めて、再び焼く。
アメリカでは、TAMARI Roasted AlMOND と言って、オーガニックショップの定番らしいが、知らなかった。

生アーモンドは手に入らないから、普通のローストアーモンド300gで、先に焼くのを130度、10分ぐらいで、たまり醤油60gを絡ませて、10分ほど混ぜながら冷ます。
またオーブンに戻して、今度は150度、15〜18分。アーモンドが醤油色になる。

冷めると、カリカリの食感が楽しい。醤油味も美味しい。
これはスナックだというが、塩分は多いし、アーモンドがいくら栄養豊富だとはいえ、たくさん食べられるものではないわ。

「暮らしの手帖」は溜まりすぎたから、七月末に発行されたのは買わなかった。
しかし、時々こういう面白いのが出るから、やはり買っておこう。と、買ったはいいが、パラパラとページをめくっただけ。
きっと、何年か後に、こんな記事があったんだ、と感心するのだろう。



by sako375 | 2017-08-05 17:08 | 台所仕事 | Comments(0)