メインテーマ無し。その日その日の自分記録。


by sako375
カレンダー

カテゴリ:手仕事( 23 )

毛糸の整理

本の片付けは、あえなく挫折。
今度は、毛糸の整理。
毛糸入れ袋をひっくり返して何が編めるか整理。何枚かのセーターを編めるだけの種類も量もある。
←またしまう。暑いのに、編み物の気分にはなれないでしょう。

困ったのは、何もならない少しずつの毛糸。
編み込みの模様にできるから、とっておいたり、友人の編み物先生から分けてもらったりしたもの。
編み込みにも使えないほど少しだが、色を合わせてかぎ針でパッチワーク風にすれば、モノになるんじゃない?

残り毛糸で、ログキャビン風
e0191206_2054490.jpg


大変だった。
ブルー系と茶系で揃えようとしたが、1色ならいい色合いでも、合わせてみると好きじゃない。おまけに毛糸の太さが合わない。ウールだったりコットンだったりスラブヤーンだったり、無理に編むとひらひらになったり縮んだり。角がうまくつながらない。編みづらいこと甚だしい。


結論:いくらでも毛糸を使って実験できる、ウデのいいプロのデザイナーさんに任せたほうがよろしい。でも、プロのニットデザイナーさんは、こんなことしないね。パッチワークなら布のキルトのプロがいるんだもの。
いいアイデアだと思ったんだけどナ。
残りはモチーフを編んで、何かの足しにしよう。使えない時は潔く処分しよう。


次のアイデア
e0191206_21144746.jpg

これは、新作毛糸の見本の束。1mほどの長さが?本(ごちゃごちゃで数えられない)。新作と言っても15年くらい前にアメリカの大手手芸店で購入。そのとき何を作れば面白いと思ったのか、さっさと忘れて今に至ったのだが、
黒い糸と段にしながら四角く編めば、バッグの半分とかポケットとか。。
長く編み繋いでブレードとか。。縦横に太い木綿糸を使って織るとか。。

いいアイデアだと思ったんだけどナ。。。になったら、潔く処分しよう。
by sako375 | 2016-06-19 21:30 | 手仕事 | Comments(2)
ビーズクロッシェのワークショップに行ってきた。
e0191206_21171268.jpg

材料は揃えてある,チョー初心者向け簡単なデザイン,先生は優しくわかりやすく教えてくれる。
1時間半の予定が3.40分で出来上がり。こうして作るのか。。


ワタシはこういうものを持っているのだ。母親が、「〇〇さんにあげたくないから、アンタが持っていて頂戴」と残したもの。
e0191206_21222050.jpg
これは何か?戦前、満州国(当時は蒙古)の花嫁の頭飾り。
どうして家にあったか,は置いといて、
これが美しく揃っていれば,「お宝拝見」となるか,どこぞの博物館にでも行くか,となるのだが、何しろ100年近く前のものであって,全然管理されていなかったから,細工はさびさびビーズはボロボロ。
e0191206_2139946.jpg
腕輪やよく分からないぶら下がりモノ。
e0191206_21402485.jpg
バラバラになった珊瑚や石のビーズや玉

この間の母の日に思い出した。母の日とは、こんなことを思い出させる効用がある。

e0191206_21474262.jpg
母がやってたビーズ刺繍の内職の余りものビーズ。ワタシが小学生の頃だから60年前? これはワタシががんばって知り合いにあげて3分の1に減らした。
母は,これをどうするつもりだったのだろう。ワタシはどうすればいいのだろう。
珊瑚ビーズで網を編むとか、グリグリ腕輪を作るとか、真鍮を磨いてペンダントトップにするとか、
ビーズクロッシェはどんなものか知りたかったから、ワークショップに参加したのだけど。。。

散らかり複雑中途半端な日常になりそう。行く末が思いやられる。
by sako375 | 2016-05-15 22:00 | 手仕事 | Comments(4)

お手玉針山

この間、うららさんがお手玉型のピンクッションを出していた。

ワタシの、ピンクッションは、ウン十年?の使用の結果、掴むと潜った針がチクチク、でもさびて取り出せない、しようがないから、缶に針も待ち針も一緒に入れて、ちょうどいい太さの縫い針を、缶の底から探し出すという恐ろしさ。
端切れを四角くに縫ったものに、当座の待ち針だけ刺している。
ちゃんとしたかわいいのがあれば、もっとやる気が出るんじゃない? 端切れはたくさんある。
(一体ワタシはどれだけ集めれば気が済んだのだろう)。

ところが、取り出してみると、どれもこれも何となく色が合わない気がする。うららさんが良過ぎる。
e0191206_19391562.jpg

引っ張り出した端切れと、ムリヤリ色合わせしたお手玉針山。
いやはや。

うららさん、せっかくのピンクッションのイメージを壊してしまいました。ごめんなさい。
これを使いながら、次にはもう少しマシなものを縫います。


結論。好きであっても、自分の性格を考えてから取りかかること。
by sako375 | 2015-10-17 19:51 | 手仕事 | Comments(4)

アートフラワー材料

母親の残したアートフラワーの見本や材料をぼつぼつと片付けている。が、かえって部屋が片付かなくて、ワケわからん状態になってしまう。
母親の教室が、アートじゃなく、ワックスフラワー(ロウの花)が中心になってからウン十年。その母が亡くなってもう7回忌も過ぎたのだから、残っている材料は何年前のもの? ワックスは新品だけど、いつのもの?
今まで管理したのだから、もういいじゃないの、ワタシにはやっておきたいことが他にもたくさんある。
と,片付けつつひっくり返したら、「作りたい」花見本を発見。
しかし、うちにある材料の中には必要なものがない。

買うか否か、しばし、黙考。
店に行けば要らないものまで買ってしまうことをオソれて、ネット注文。
しかし、同じ送料がかかるのなら、と結局「買い物かごに入れる」を、ぽち、ポチ、ポチ。

配送されてきた。
e0191206_15115295.jpg

今でもどうしようもないのに。こんなに使い切れるか。我ながら、バカ。
かくして、ワタシはまたもや自分で勝手に忙しくなり、部屋中を散らかしてしまうのだった007.gif

当時知らなかったスプレー
e0191206_15214188.jpg

アートフラワーの型くずれ防止、水分をはじき、その他ドライフラワー作品が長持ちする。
ワタシの場合、長持ちさせる必要は全然ないのにね。

☆ルーティン
先日のラグビーワールドカップの、五郎丸選手はキックの前にきまったポーズをとる。
あれは、毎回決まった一連の動作をすることで、集中力のスイッチを入れる段取り(ルーティン)で、アスリートのメンタルトレーニングの世界では知られたトレーニング方法なんだって。科学的な裏付けもあり、アスリートはルーティンのトレーニングをしているとか。

知らなかった。
そういえば、若い頃は、何か始める前に必ず本を10分くらい読んでいたような気がする。あれはワタシのルーティンだったのだ。
今はダメ、何が書かれてあったのかすぐ忘れるから、同じところばかりを繰り返し読まなくてはいけなくなる。
ネット通販好き高齢者向けのルーティンを考えよう。
by sako375 | 2015-10-14 15:54 | 手仕事 | Comments(2)
マーガレットと青いアイビーの壁飾り

アイビーの青がマーガレットに合わないようなので使わなかったのだが、せっかく染めたのだから何か作ってみる。

e0191206_21125016.jpg

リース型にしなければ、何とか収まるもんだ。

コサージやブローチより、ワタシはやはり、部屋に置きたい。
だんだん思い出して、楽しくなってきた。
by sako375 | 2015-10-06 21:20 | 手仕事 | Comments(2)

マーガレットのリース

母親の残したアートフラワーの材料を減らしたい。取りかかりやすいマーガレットから。

ちゃんとしたリースの作り方を知らない。テキトーに丸めれば良いわけじゃないから、100円ショップに行ってきた。発泡スチロールの輪はなかった。大きいショップか、やはりユザワヤみたいなところじゃないとだめかな。
コルク板と蔓の輪を買った。
このコルク板は厚地の方。
e0191206_222410100.jpg
鍋の蓋で丸く切り抜いて、テープを巻いたが、さすが100均、ボロボロくずれるし、フニャフニャで折れそう。


気をとり直して、リースを作成。
e0191206_22271760.jpg
コルク板の輪は使わないで、仮止め中。どうすればカッコよくまとめられるんだろう。
横にあるのは、青いアイビー。
マーガレットの隙間を埋めるつもりだった。この青がいかにもわざとらしく染まってしまい、マーガレットに合わない。別のものにする。

すっかり出来上がったのをのせたかったが、
昨夜はラグビーワールドカップを終わりまで見たから、今日は昼寝。
夜は、阪神タイガースがだらしがなくて、やる気が失せた。広島、次も勝ってクライマックスシリーズに出ればいいよ。阪神は快調に飛ばしていたのがウソみたい、この失速はなんなんだ!
「終わってみればBクラス」でも、かまわんワ。きっとすぐに敗退だもん。
by sako375 | 2015-10-04 22:49 | 手仕事 | Comments(2)

こと始め

世はすっかり春の匂い。未だに冬ごもり?しているのは私だけのような雰囲気になってきた。

編み物を開始。編み物の本を買った。
前身ごろ後ろ身頃,袖,を編んでそれぞれ綴じる普通の方法じゃなく、襟ぐりから下に編み進んでいくパターン。
e0191206_20232145.jpg


e0191206_20223944.jpg


いくら本があっても考えるのは面倒だから、友人の編み物の先生のお宅に出かけた。
夏物毛糸が出回ったら、同じ編み方で半袖とベストを同時進行する予定。

本当に久しぶりで、もっと久しぶりの友人も二人来てくれた。2年以上会っていないからそれぞれが、事件有り、つもる話は山のよう。4時間もいたのに、編み物どころではなかったから、ツボを教えてもらっただけで、今日は解散。
この毛糸で今からだと今年の秋用かな、それとも??とみんなに言われた。
今度こそ、秋に会う時は着てみせてあげるよ。と言いたいけど、冬になったりして。。
by sako375 | 2015-03-18 20:38 | 手仕事 | Comments(4)

スヌード

溜めもの減らしの1作目
e0191206_20332587.jpg

裏表が同じくなるようにガーター編み

モコモコの毛糸のいい所
はかどる。
厚みがあるから幅を狭くしてもいい。
目が揃わなくてもごまかしがきく。
模様を入れなくてもそれなりのニュアンスが出る。
編み棒が外れても、とけない。

モコモコの良くないところ
つまらない。(ところどころ表編みの線を入れてある)
目数を数えにくい。
とけないから、どこで間違えたか分からない。
ときにくい。
針で綴じれない(私は太いはりをもってないので)
毛糸が割れる。


e0191206_2043454.jpg
でも、まあ、いいんじゃない。暖かいよ。
by sako375 | 2015-01-10 20:44 | 手仕事 | Comments(4)

冬支度

衣替えしようとすれば暑い日があったりして、、

気に入っているニットがある。麻100%でダランとした7分袖。
この形を、オフゲージで余り物毛糸で編んで冬に備えよう。

e0191206_14414699.jpg

一応、模造紙を広げて、サイズを写す。
毛糸が足りなそうだったら2本ドリにして、7分袖。
たくさんある毛糸は長袖に。

来年用にならないように、急ぐつもりだが、予定はあくまで未定。
by sako375 | 2014-10-10 14:51 | 手仕事 | Comments(4)

伯母の手仕事パートⅣ

ワタシの「祖母」のだと思われる和服のリメイク。
権三の親分に出来上がりの写真を送ってもらった。
e0191206_22325676.jpg

5月20日に、このブログに元呉服の形をのせた。
伯母が、手持ちのお気に入りの布がなくなったと聞いて、使って欲しいと7月半ばにまとめて送ったものの一枚。ほどきもしないで丸めたままだった。

ヒエー、まいりました。
今の時期、サッとはおって、優雅にお出かけにぴったり。こういう形にしたいとは聞いていたが、シャッキリした生地の良さがそのまま。それでいて時代も年齢もを問わないデザインで、足腰が弱って杖をついてゆっくり歩いているとはいえ、もともと美人で雰囲気のある着こなし上手な伯母であるから、こんなのを着て外出したら、みんな振り返るにちがいない。素敵過ぎ。

伯母の周りには、ワタシと同じ世代のおヨメさんも娘もいるし、ワタシのムスメくらいの世代の女子マゴもいるし、もっと若い女のコもいるし、絶対みんな狙うよね。
形を変えても美しく着続けてもらえるなんて、この反物をおった人、染めたヒト、冥利に尽きるでしょう。


袋物2点
e0191206_2223057.jpg
つくし模様がかわいい。足りない部分は色の合う布を足して、紐は市販(多分)。この形はとても使いやすそう。

e0191206_2254944.jpg
もっと小さい端切れだったから、ファスナー付きのポーチ。このクラシックな柄ゆきが好き。


好きなことを続けられる日々は素晴らしい。感性をずっと切らさずに磨いてきたから、何歳になっても自分らしさを保ちながら楽しく過ごせる。
ワタシみたいに、何よりも昼寝が一番というのは問題だ。
びっくり仰天したワタシは、長く休んでいた市の絵の教室と大学の社会人講座の英語クラスに申し込み、錦織クンの会見も見ず、電器屋へカメラを見に行ったのだった。

カメラは買ったか?
それについてはまたいつか(つまり買ってない)
by sako375 | 2014-09-09 22:30 | 手仕事 | Comments(6)