メインテーマ無し。その日その日の自分記録。


by sako375
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:台所仕事( 80 )

醤油アーモンド

私は「暮らしの手帖」が好きで、割と利用する。
ところが「アレがあったはずだ」と思っても、どの号に載っていたのかわからない。
8,9年分となると、どんな料理があったか思い出せない、探せない。
お料理だけでも分かりやすい索引を作るつもりで、時々古い号を読み返してみると、
こんなのあったっけ?要するに読んでない。

特集の他に、短いエッセイ『素敵なあなたに」の中に、簡単で面白い料理が出ている。
醤油アーモンドは、全然読んでいなかったクチの記事。

e0191206_15452598.jpg

生アーモンドをオーブンで焼き、たまり醤油を絡めて、再び焼く。
アメリカでは、TAMARI Roasted AlMOND と言って、オーガニックショップの定番らしいが、知らなかった。

生アーモンドは手に入らないから、普通のローストアーモンド300gで、先に焼くのを130度、10分ぐらいで、たまり醤油60gを絡ませて、10分ほど混ぜながら冷ます。
またオーブンに戻して、今度は150度、15〜18分。アーモンドが醤油色になる。

冷めると、カリカリの食感が楽しい。醤油味も美味しい。
これはスナックだというが、塩分は多いし、アーモンドがいくら栄養豊富だとはいえ、たくさん食べられるものではないわ。

「暮らしの手帖」は溜まりすぎたから、七月末に発行されたのは買わなかった。
しかし、時々こういう面白いのが出るから、やはり買っておこう。と、買ったはいいが、パラパラとページをめくっただけ。
きっと、何年か後に、こんな記事があったんだ、と感心するのだろう。



by sako375 | 2017-08-05 17:08 | 台所仕事 | Comments(0)

意欲がなくなる買い物

食欲なし、やる気なし。食事の支度なんてとんでもない。こういう日は、焼き魚と冷奴と枝豆でやっつけたい。

魚介類スーパーに行った。
このスーパーは新潟(長岡)の寺泊漁港からの直送の獲れたて魚類から冷凍ものから、加工品、お寿司お弁当、お米の類まで、たくさん種類がある。日本海産じゃなくても日本中の魚がある(と思う)。
隣の市にもあるし、いつかテレビでやってたことがあるから、関東地方には何店かチェーン店があるんじゃないかな。
我が家から、車で10分足らず。
いつも混んでいて、国道沿いだから、入るのも出るのも面倒くさい。
当然、オットの運転。

「オレ、1時から〇〇なんだけど」 1時まで魚屋にいて、何を買うの、二人分なのに。だが、9時半に出発。
10時開店だから、店はまだ開店前。すでにカゴやカートを持って暑い中を待っているお客も大勢いた。
隣の八百屋もまだ開店前だが、外に積んである目玉値段野菜や果物を見て回ってカゴに入れながら時間つぶし。
「オレ、麦茶買う」 今、この店で? ついでにせんべいも買う。
開いた途端オットは、レジへ直行(2リットルの麦茶が重いから)。 あのー、枝豆を買いたかったんですけど。。

待たされるのは良くない。買いすぎる。

魚屋開店。
オットは、一人でウロウロと。
私は、魚を下ろしてもらったりして、適当にカゴへ。
オットを探すと、小さいお刺身パックやさつま揚げを大事そうに抱えて、私を探していた。

別々にうろつくのは良くない。おかずの予定が狂う。

めちゃくちゃ買い物した。あー、疲れた。

冷凍品と、これから下ごしらえして冷蔵庫にしまわなければならない魚と野菜。

e0191206_14175346.jpg



コタローが、見に来た。自分の好きなものがないせいか、呆れたせいか、そっぽを向く。

e0191206_14181691.jpg


汚い台所の床に広げて写真を撮ると、やる気が削がれる。


「塩サバとジャガイモのバジルフライパン蒸し」

e0191206_14175972.jpg

暮らしの手帖(88号)に出ていた「一皿で満足の切り身魚料理」特集の1品。
美味しそう♡
塩サバも買った。でも、そばにいるヒトのことを考えると、やはり意欲が、、。




by sako375 | 2017-07-22 15:24 | 台所仕事 | Comments(8)

夏バテ予防

梅雨が明けた。
これから「本格的な夏」が始まるらしい。すでに暑さ負け、しんどくてかなわん。
これ以上暑くなったら、どうする。

今朝の、NHKあさイチで、酢の美味しい飲み方をやっていた。
干しぶどうの酢漬け? レーズンならいつでもある。
(お菓子やレーズンパンを焼くためだが、焼かなくちゃ、と思うだけで今日に至る)

ついでに他のものも試しに酢漬け。

e0191206_13232468.jpg

レーズン酢の他、
くこの実 (杏仁豆腐の飾りにするため買ってあった。4,5粒のために!)
黒豆(黒豆茶を作った後の黒豆が勿体無いから冷凍してあった)
後ろの白い液体は、昨夜作った甘酒 (甘酒は飲む点滴といわれている)。残念ながら今朝「酢」には合わないと知った。

そういえば、「暮らしの手帖」に「酸っぱいは美味しい」料理特集があった。
何号だった? 暮しの手帖は習慣で毎号買っているが、後で見直そうとしても、探せない。
料理別、食材別のノートを作ろうとしているが、PC入力はもちろん、手書きでもうまくいかない。
何ヶ月も積んである。

e0191206_13231857.jpg


「酢」飲み物を続け、この料理特集を探し出して、「酢」料理を食べたら、夏も乗り切れるだろうか。



昨日、絵クラスの作品展を見てきた。駅から遠いし駐車場はないし、この暑いのに、見に来る人は少ないだろう。
もう直ぐ終わるのに、出した自分が行かなかったら、世話役さんに申し訳ない。
ピアノがある、なぜか卓球台もあり、休憩用は応接セットという、こじんまりしたごく内輪のギャラリー。

e0191206_13230397.jpg

今日、酢の瓶の写真を撮ろうとすると、カメラが見つからない。昨夜、家でPCに移したから、忘れてきたわけじゃない。
(今日の写真は、違うカメラ)

何もかも、春から予防に努めないと、「酢」で頑張っても、もう遅いかもしれない。
というか、春夏秋冬、すでに私自身が遅すぎ、と言われそう。

コタローは、いつもと同じポーズ。

e0191206_13231139.jpg




by sako375 | 2017-07-19 14:00 | 台所仕事 | Comments(4)

台所にたくさんある。

今朝のNHKあさイチの特集は、新感覚「すご豆」だった。
健康に良い食材を取り扱うことが多くなったのか、私が見た日がたまたまそうなのか。
この間は、3人シェフの「そばの実」だったし、「くるみ」の日もあったし、「キヌア」の日もあったような気がする。

そばの実は、昨日出かけた帰り、製菓材料店の店頭に『そばの実」入荷しました!!とチラシが出ていたので「ふーん」と購入。
しか〜し、
台所の戸棚には、なんだかいっぱいある。


e0191206_21570571.jpg


大豆、といえば、傍にいるヒトにとっては「豆腐、油揚げ、枝豆」で、大豆そのものを使ったお料理などもってのほか。
なので、大豆関係はないが、
キヌアも、ナッツ類も、レンズ豆もひよこ豆も、、、
ほとんどが、開けて1度きり使ったまま。 
そばにいるヒトは、毎日昼はお蕎麦。それもツルツルズルズルじゃないと蕎麦じゃない、蕎麦がきも蕎麦寿司も邪道と思っている。そばの実を使い切れるか。。


以前は、だいたい使い切った。よくお料理したし、お菓子もパンも焼いた。


食べたくないなら食べなくてよろしい。
美味しいかどうかは別として、私は、やってみたい料理を作る。「やってみる」のは趣味だもの。

というわけで開き直って、






More レンズ豆とベーコン玉葱の煮込み
by sako375 | 2017-07-03 22:14 | 台所仕事 | Comments(2)

ぬか漬けチャーハン

ちょうどぬか漬けが食べごろの頃は、晩ご飯がいらない。
そのままにしておいて次を漬けるから、だんだん古漬けが増えて、とうとう何でもチャーハンの具になる。

e0191206_1985718.jpg


和風だから、醤油味、たっぷり海苔かけ。


e0191206_19105649.jpg


新ショウガ(表面をきれいにしてぬか床に沈めてあった)
にんじん(切れ端)
キュウリ
山ごぼうの漬け物の残り。
その他は、卵、ちりめん、おかか、ゴマ。

ご飯に漬け物は、日本の定番。チャーハンにしてまずいわけはない♫
by sako375 | 2012-11-21 19:22 | 台所仕事 | Comments(4)

ケーキ型

「土曜日の花」まで、未だにたどり着けない。

置きっ放し、積みっ放しの上に、また買ってしまった。
ノルディックウェアのローズバッドケーキ型。6pcs。

e0191206_11454658.jpg


ずっと前から興味があった。マドレーヌ型はホームセンターで安いのがいつでも買えるが、これは一大決心をしないと買えない。
いつケーキを焼くのだ?コンビニのケーキが気に入っている。食べる人はいない。
にも関わらず、小決心で買ってしまったのは、この間のクッキーカッター買ったことで、散らかさない溜め込まない無駄遣いをしないきっちりしっかり生活の歯止めが外れたに違いない。
ダイエットのリバウンドみたいな心境。


請求書を見たら、いきなり正気に戻った。
これで何回かケーキを焼くだろうから、無駄遣いにはならないと思うが、もう、買わない。
by sako375 | 2012-11-17 12:06 | 台所仕事 | Comments(6)

買いだめ生活再び

市営の卸売市場へ、自治会の買い物に行って来た。
卸売市場までいかなければいけない自治会のイベントとは何か、というのはそっちに置いといて、シロートでも少量買えることもあり、乾物屋で仙台麩を買った。
他にも、干し椎茸や岩海苔やティラミスチョコレートや切り干し大根などを、自治会のおカネではなく自分のおカネで買った。(なんでこんなところで必要もないのに、近所のスーパーと同じ商品を買うか)

今日は生協の配達日で、家に帰ったら、配達品の中に仙台麩があった。
そうだ、先週、注文したんだっけ。
e0191206_20255057.jpg

我が家はムスコがいるが、基本的にはオットとワタシの二人家族。

タマネギとジャガイモもあった。来週配達分に注文しちゃったよ。
いちいちメモを取る程律儀な性格じゃ無し、あっという間の1週間。

生協で注文したことを忘れて外で買って来て、大根が3本もあるとかキャベツがどーしたとか、(アジの開きが10枚あったこともある)今まで何回ブログ記事にしたことだろう。
ひどい風邪をひいても、回復した体重が再び減ることもなく、いよいよもとのお試し溜め込み趣味が戻ったのか、今度は本当の物忘れが始まったのか。。。


あり過ぎるとやる気をなくす。今晩のおかずは仙台麩の煮物ではありませんデシタ。
by sako375 | 2012-11-15 20:45 | 台所仕事 | Comments(4)

ネギのトロトロ煮

e0191206_21335348.jpg


この間からよく見ている「自家製レシピ」の中にも、「ネギのとろとろスープ煮」というのがある。
スープ煮は、よく作る。深谷ネギなら言うこと無し。
本のスープ煮はタマネギドレッシングをかける。ならば、大根おろしに味ポンならどうなの?

ほんの少し味付けした出汁で、ネギをトロトロに柔らかくなるまで煮る。崩さないようにお皿に盛って大根おろしをのせ、味ポン。オットは何でも味ポンなので。。。
温かいままでも冷たくてもいけるが、冷めてから大根おろしをのせた方がいいかな。

これから寒くなると。ネギがどんどんおいしくなる。
ネギ好きのワタシは嬉しい。


塩麹漬けの鳥の焼き鳥(レタス添え)
何でも煮物(干した大根葉、にんじん、白滝、干し椎茸、ちりめん、等々の炒め煮)
漬け物、佃煮。
ホタテのしょうが煮(常備菜)


そろそろやる気が出てきたから、台所仕事ブログをまた始めようかな。
by sako375 | 2012-11-12 22:08 | 台所仕事 | Comments(2)

ひよこ豆のフムス

ひよこ豆がある。一晩水に漬けてから、茹でるとわりと早く柔らかくなる。
他の豆と一緒にして豆のトマトシチューを食べたかった。
e0191206_21413796.jpg


オットの顔を見たら、作る気がなくなった。
食べるかどうか分からない物を作ってがっかりするより、絶対食べないと分かっている物の方がはっきりしてよろしい。

フムス。トルコ辺りの料理。
e0191206_21421679.jpg


柔らかく茹でた豆に、オリーブオイルやニンニクやレモン汁や練りゴマやスパイスや塩やら加えて、滑らかにすりつぶした豆ペースト。野菜につけたり、パンにつけたり。
オリーブオイルをかけ過ぎてパプリカとクミンが流れてしまった。

どんなレシピサイトを見ても、ミキサーかブレンダーでガーッ、それで終わり、と書いてあるが、ワタシのフープロではどうしても皮が残って舌触りが悪い。しようがないから、荒いざるで裏ごしして皮を取った。
きっと皆さんは高級機種を持ってるんだ。

ずっと前、目黒のエジプト料理店でコースを注文したとき、フムスが3種類も出てきた。どれがどの豆か分かるどころか、みんな同じ味がした。
全然、おいしくておいしくて。。。じゃないのに、止まらず食べてしまう不思議な味。
by sako375 | 2012-11-11 22:12 | 台所仕事 | Comments(2)

コンビーフ

土曜日は、何かの花をのせたいのだが、つもりはつもりとして、また今度。


写真はきんぴらごぼうではない。自家製コンビーフなのだ。
e0191206_2095362.jpg

先日購入した暮しの手帖のレシピ本「自家製レシピ」の中のケンタロウさんの一品。
ケンタロウさんのお料理は好き。お母さんの小林かつよさんのお料理も好きだった。なかなか元気な姿が見られない。残念だ。

本のコンビーフは、牛肉塊で1kg。タマネギ1個。
ワタシのコンビーフは、大きめシチュー肉、500g。タマネギ半個。
大きめシチュー肉とは、デパ地下の肉売り場で見つけたオーストラリア産のシチュー用で、一つが100グラムくらいに切ってある。それが5個。
買っものの、煮るとぼそぼそになってあまりおいしくなさそうだったから、冷凍してあった。

1キロを二つに切って、砂糖少々いり濃い塩水にタマネギと一緒に保存用ポリブクロに漬ける。香辛料は、ベイリーフとクローブ、こしょう。
しっかり空気を抜いて、冷蔵庫で3、4日。
ワタシのは、少なくとも切り身だから、2日くらいかな(計算したわけではない)

タマネギを取り除き、表面を軽く洗ってから流水に2時間半〜3時間さらして塩抜きをする。
ワタシの場合、表面を洗ったところで急用が発生。たっぷりの水に漬けたまま冷蔵庫でまる1日(出かけたから続きを忘れたのだった)。
蒸し器で3時間ほど蒸す。
これは同じ。
蒸している間、蓋を取るとホントにコンビーフの匂いが漂った。コンビーフの匂いは、クローブなのだ!!今、知った。
e0191206_20102613.jpg


蒸し上がったら、あら熱がとれるのを待って手でほぐす。
缶詰のように細く細かく裂かなければいけないと思ったから、せっせとほぐした。
あとで本を見れば、そんなに細かくなっていない。しかしそれはおいしい肉の場合。ワタシのは細くてよかった。
塩味も程々。ウマ♫
本には、カンパーニュパンのコンビーフサンドが一緒に出ていた。買い物に行ったが、スーパーにはカンパーニュはなかった。
サンドイッチ出来上がり写真もまた今度。
by sako375 | 2012-11-10 20:48 | 台所仕事 | Comments(2)