メインテーマ無し。その日その日の自分記録。


by sako375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:日記( 458 )

猫のシロクロ

隣の半野良猫シロクロが病気になった、と思う。猫によくある膀胱炎ぽい。

元々はお隣の猫だが、サバジローと一緒にうちに住むようになったのだが、、。
「変だよ」と言いに行ったら、大怪我をして入院するところだった。
もともとよく面倒を見ないのだから、そうじゃなくてもお医者には連れて行かないでしょう。いいわ。うちの猫にするから、と病院に連れて行った。
さっさと行かなかったから、治ったのかどうかわからない症状。
とりあえずうちの名前でカルテを作ってもらって、抗生剤やら何やら注射をしてもらって、様子を見る。

だけど、外で何かおかしなことがあってもわからないから、見張っていなくてはいけない。
とうとう家に閉じ込めることになった。


今、ピーピーキューキュー鳴いて、外に出たがっている。
フン、諦めて、前に遊んでいた頃のようにおもちゃで遊んでなさい。

e0191206_11461509.jpg


e0191206_11455665.jpg



(去年の暮れの写真)

こんなに簡単に病気になってしまうなんて、野良猫の寿命が短いわけだわ。
サバジローも気をつけなければ。


今、自分のことでいっぱいいっぱいなのに、あー、面倒臭い。
おまけにエキサイトは、プレビュー画面と本番画面と違うじゃないか。直そうとすると、すぐサーバー内でエラー。
アクセスには時間がかかるし。あー、面倒臭い。





by sako375 | 2018-02-08 11:42 | 日記 | Comments(4)

猫のサバジロー

1月は長かった〜〜。年末にすごくお金を使って買い物をしたにかかわらず、年が明けてもお金はどんどん飛んでいった。なんなんだろう? 

やっと2月になった。もう明日は節分、翌日は立春。この寒いのに。。

節季の話題じゃなくて、久しぶりだからブログを開けてみただけ。
椅子で眠るサバジロー。
私が夕飯のお皿を並べ始めると起きた。

e0191206_20324273.jpg

ご主人様のご飯は何かな、おー、お魚だ。

e0191206_20322149.jpg

そそくさと椅子を降りて、私の足元でおねだり座り。

e0191206_20320053.jpg

おかずはサバの文化干しだったが、これがボソボソでまずい。いらない。安いからといって、嬉しがって買うもんじゃないわ。
端っこをちぎってネコ皿に入れると、食べない。猫も食べないまずいサバ。
しかし、床に置くとせっせと食べた。これは野良だった頃の習性なのか。。
サバを食べるサバジロー

e0191206_20321031.jpg

いいオチだと思ったのに、サバの切れ端が映らなかった。残念。


部屋の模様替えをしている。全然はかどらない。
パソコンはこたつの上に置いてあるが、こたつは腰も膝も固まって、痛くて立てなくなるから困る。ノートだから、どこにでも持っていけるが、テーブルまで持ってくるのが面倒くさい。


次の更新はいつかなあ。





by sako375 | 2018-02-02 20:51 | 日記 | Comments(6)

雪の日の朝

昨夜は東京に4年ぶりの雪が降って、交通は麻痺状態。
どこにも出かける用のない我が家は、全然関係なかったのだけれど。

ご近所の皆さんは働き者で、朝早くから、雪かきをした。
あっという間にピカピカ。

e0191206_11175609.jpg


しかしこれは道路のことで、手前の雪の柱のように見えるのはうちの塀。

e0191206_11174685.jpg

今朝のうちの庭。
日当たりが悪いから、雪が溶けるまで時間がかかる。

e0191206_11171930.jpg

おまけに
大きくなりすぎたトネリコの枝が折れた。

e0191206_11170851.jpg


前回の雪の時は、道路ぎわの??(なんの木だか知らない)の木が折れて道路にはみ出たから、片付けるのが大変だった。
今回は、うちの中のテラスの屋根の上だから、片付けるのは急がなくてもいいわ。
それにしても用事が増える。





by sako375 | 2018-01-23 11:22 | 日記 | Comments(2)

熊谷守一展

国立近代美術館(竹橋) 〜3月21日

去年、ここに行くつもりが、間違えて上野でゴッホ展を見てしまった。
ゴッホ展は良かったのだが、混んでいるわ、膝が痛くなって歩けなくなるわ、休もうにもスターバックスも混雑。お茶も飲まずに足を引きずって帰ったのだった。
美術館行きは、いつも何かしらうまくない。
今日はどうかなーー。

e0191206_20333437.jpg


熊谷守一(1890ー1977)は、数々の賞を受け、展覧会が多く開かれている。
単純な色と線で描いた、庭の自然の草や虫、猫などの絵で有名。
若い頃のリアルな激しさから、自分の求める画風を試行錯誤しつつ、シンプルさに行き着くまでの熊谷守一の絵の歴史。

美術館は広い。大きい作品は少なく、小品が多いから、いつまで続く展示室。でも、上野ほど混んでいなかったからゆっくり見られたし、西洋人の洋画と違って、疲れない。
色がすごい。
黒一つとして同じじゃない。これは大変!!

図録を見ると、表紙からして全然実物と違うじゃないか。絵葉書も同じ。まあ、しようがない。カメラと印刷の色調で二重に人工的に変わってしまうのだから。
でも買った。2500円なり。

e0191206_21162853.jpg


雨滴

e0191206_20334508.jpg

本物はもっとツヤツヤしている。解説によると、しばらく画面を見ていると中間色の画面の中で白い雨粒だけがが浮き上がり、動きだすような錯覚に陥る。
そういう画面構成とか色使いが、科学的なんだと。。

眠り猫

e0191206_20352739.jpg

猫の絵はたくさんあった。

e0191206_21164460.jpg


うちの猫をこんなに愛情深く描ける時が、私に来るのだろうか。
耳部分だけで、私の命も猫の命も尽きるわ。



これはカンディンスキーの解説付き画集。

e0191206_20350781.jpg

正しい美術本だから、印刷が綺麗。2000(税抜き)円もした。
好きな画家のはずだったが、ミュージアムショップで、パラパラめくって、いやいや、この画家の絵は好きじゃない。
もしカンディンスキーの展覧会があっても行かない。とわかった勉強代。でも、高!

今日は、暖かく心地よい日。
神田の方までブラブラ行きたいが、若くない。明日にこたえないように用事は1日に一つ。

e0191206_20383164.jpg








by sako375 | 2018-01-16 21:12 | 日記 | Comments(4)

私の年末のご挨拶

母は生前、「おばあちゃんが(私の祖母)、やらなくちゃ、と言いながらさっさとしない。早く済ませればいいのに、と思っていた。自分がこの歳になったら、おばあちゃんの気持ちがよくわかるわ」とよく言っていた。

今の私も全くその通りで、おばあさんだからしようがないわ。
ただ私は「やらなくちゃ」と口に出さないだけ。

まだ、お正月のお飾りも買ってない。明日と明後日がある。
大掃除なんてとんでもない。これは、もう間に合わない。
でも大掃除をしないと決めるとなんと気が楽。うちのように散らかりまくり、汚れまくっていると、ちょっとやそっと、掃除をしてもあまり変わらないのだから。

ブティックでもらった、戌年用ワンコの置物、可愛い♡

e0191206_21285529.jpg

我が家の犬は、私が牛肉を食べさせたせいかお腹を壊した。ご飯を半分で寝てしまった。
代わりにシロクロ猫

e0191206_21290453.jpg

サバジローは、コタローに吠えられて家出中。


みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。
ご多幸をお祈りいたします。




by sako375 | 2017-12-28 21:34 | 日記 | Comments(6)

なんでも途中

私は、4月から月2回の油絵教室に通っている。大きい全国展開のカルチャーセンター。
以前そこの講師をしたことのある画家さんが、教室を閉じるため、たくさんある額縁を下さるという。
クラスの人がもらわない中、私は、10号用と6号用を1枚ずつもらった。

みんながもらわないのは当然だった。改めて見ると、重い、大きい。
カルチャーセンターは駅ビルのワンフロアで、各店のお客の買い物品をクロネコさんが集荷して回る。職員さんが集荷を頼んでくれた。
なんと、サイズオーバーで2枚の額縁を1枚ずつに分けたから、配送料は2つ分。いつもアマゾンのプライム会員で送料無料で注文しているから、びっくりした。

e0191206_21513962.jpg


4月から始めて本当なら4枚仕上がっているはず。
クラスの人は、皆さんベテランで、どんなモチーフでもさっさと描きあげるが、私は3枚は途中でほったらかし。
絵の具の色さえ、まだろくに想像つかないのだから、時間内に仕上げるのは無理、無理。額縁をもらっても、全く意味ない。

流石に、1枚くらいは仕上げたいから4枚目はデッサンをさせてもらった。木炭なら、絵の具の色を考えなくてもいいと思ったから。
某大学の芸術学部の講師の先生。私が裸婦デッサンで木炭をよく使っていて、基本的な描き方を習ったことがあるせいか、私に期待過剰デスヨ。
シロートだから「適当」を許してもらったが、ここがコレコレ、と指摘されると、「やっぱり変だよね」と納得。
とはいえ、モデルさんに2度と会うことはないから、直せない。
(想像力で直すつもりだけど。。)
結局、今年最後の1枚も途中で終わるのだった。




by sako375 | 2017-12-21 22:14 | 日記 | Comments(2)

ネコズの今

「ネコ」ってなんと難しいのだろう。

サバジロー。サバ柄を入れる前に動いてこれ以上かけなかった。白猫の骸骨見たい。我ながらキモい。

e0191206_20195478.jpg

シロクロ。同じ椅子の上、同じ鉛筆なのに写真に撮るとお尻が半分消えた?? 

e0191206_20200303.jpg


いつか、シンプルな線で愛情たっぷりにスケッチできる時が来るのかな。
あまり愛情たっぷりじゃないから、いつの日も来ないんじゃないかしら。


サバが椅子の上で寝ていると、シロクロが外から入ってきて
「サバチャーン、探したんだよ」

e0191206_20203979.jpg

サバジローは、野良時代そこら辺を睥睨していたが、うちでご飯を食べたり寝たりするようになって軟弱になった。
どうも、元のテリトリーに入っても白い目で見られるらしい。とんでもないところで見かけたことはあるが、そこは他の猫のテリトリー。面倒くさいことをするより、うちにいる方がましだワ的。
シロクロは、本宅で全然面倒を見てくれないから、外をほっつき歩くことが多くなり、強くなった。あちこちで可愛がってもらえるとみえ、別宅が3つくらいあるんじゃなかろーか。
以前と逆転。

サバはかなり迷惑そう。

e0191206_20204929.jpg


コタロー「こいつらは何やってんだろー」

e0191206_20211725.jpg

コタロー「つまらん」

e0191206_20211023.jpg

この後、コタローの散歩で留守になるので、2匹を追い出した。

サバジローは、以前は、コタローが起きると大急ぎで出て行ったが、今は、コタローが「ワン」と言っても、ビビって震え上がるだけで出ていかない。私の後ろに隠れて、ニャゴニャゴ鳴く。
うちの猫になったと言っても、うちの中に猫だけで2匹で居られるのは、まだ困る。台所には料理途中がある。
なんとか頑張ってきたが、やはり外猫でいておくれ。




by sako375 | 2017-12-18 20:51 | 日記 | Comments(0)

ゴッホ展

巡りゆく日本の夢 
東京都美術館。1月8日まで。

今日、思いがけずポコっと1日空いたので、オットー・ネーベル展を見に行くか、熊谷守一を見に行くか、、、。
やはり渋谷はしんどい、熊谷守一だね。
と、出かけたのだが、途中でなんとなく嫌な予感。
このところまた膝が痛くなる時があるのに、湿布をするのを忘れた、痛み止めを持ってくるのを忘れた。
電車で本を読みたいのに、メガネケースが空っぽ。

上野に着いたら、なんだか違う。熊谷守一展は都美術館じゃなくて近代美術館だった。
近代美術館は竹橋。
アホだねえ、ワタシは。
熊谷守一展は3月までやっていて出直す時間はたっぷりある。来たからには、ゴッホを見よう。

e0191206_20434116.jpg

毎度のことだが混んでいる。

ゴッホがどのように浮世絵に感銘を受けたか、どのように画風が変わったか、というのがテーマ。
で、ヨーロッパに渡った数々の浮世絵の展示、ゴッホに浮世絵を紹介した人物や書物などの展示もあり、そしてその時代時代の詳しい解説。

展示された数々の浮世絵も書物などの展示物もパス。
ゴッホの絵だけ一回り。
人々の頭の隙間からだから、ゆっくり見られなかったが、
色使い、構図、絵の具の盛り上げ方、1本の線で全体を盛り上げる手法。
普通のなんてこともない畑の絵1枚で、これだけ見せるなんて、天才は違う。



混んでいて、私は膝が痛くて、よかったかも。いちいちしつこく見ていたら、どれだけ膝痛が増したことか。
今のところ、膝関節の不具合だけで済んでいるが、
テレビのCMによく出る「いつの間にか骨折」だったら、嫌だな。




by sako375 | 2017-12-12 20:53 | 日記 | Comments(4)

よくわからないネコ関係

どう見てもシロクロは苦しい。

e0191206_21445856.jpg

これは、シロクロ用に作った寝箱。
シロクロは寂しがり屋で、外をほっつき歩いて帰ってくるサバ猫を家で待っているというのに、サバは自分の寝床にいかないで、シロクロを押しのける。全く意地悪だ。


シロクロが箱からでて、完全無敵のボテボテお腹のサバジロー。

e0191206_22053784.jpg


明るくて落ち着かないが、やはり伸び伸びがいいシロクロ。こちらはまん丸お腹。

e0191206_22052492.jpg




by sako375 | 2017-12-11 22:10 | 日記 | Comments(2)

日展

新東京美術館へ日展(11/3〜12/10)を見に行って来た。
ずいぶん早くに招待券をもらったが、気分が乗らないうちに、残すところあと5日。招待券をくれた人は、日展には全然関係ないが、同じ絵クラスの人が入選したし、やはり見に行かないと。。。

日本画洋画はもとより、製陶、鋳造のような工芸、織物染色、彫刻。どれもこれも大作で、特に洋画は、出品する絵の大きさが決まっているので、100号200号ばかり。

日展は、抽象画はあまり喜ばれない、伝統を重んじる傾向にあるみたい。
好きだ、と思う絵もあったが、たくさんありすぎて、次の展示室に行くと、もうどんな絵だったか忘れてしまう。偶然絵クラスの人に出会ったが「すごいね」の感想で終わり。テキトーに流して帰宅した。

色の重なりが好きだった絵の絵葉書を買った。

e0191206_20190365.jpg



でも、私はこちらの方にいきたかった。
オットー・ネーベル展(bunkamuraミュージアム 12/17まで)渋谷に行くのが面倒くさいと思っているうちに、もう時間がなくなった。諦めよう。
熊谷守一展(国立近代美術館 12/1〜3/21)これは絶対行く! 上野だもん。
出不精な横着者にカツ!

e0191206_20183067.jpg




by sako375 | 2017-12-07 20:28 | 日記 | Comments(0)