メインテーマ無し。その日その日の自分記録。


by sako375
カレンダー

カテゴリ:日記( 415 )

アゲハチョウの卵?

芋虫の幼虫は、まだ外敵に見つかっていないとみえて、ちゃんと5匹いる。
ところが、今朝発見。
これは、アゲハチョウの卵か? 

e0191206_11043754.jpg

あちこちにバラバラに7、8個くらい。
これが全部孵ったら、今いるのと合わせて、、、、ウウウ。。今度こそ見て見ぬ振りをしよう。


うちの庭は、芋虫のためにあるだけではない。
アルストロメリアは、どうして倒れるんだろう? 勝手に背が伸びて、勝手に倒れて、勝手に虫食いになる。

e0191206_11044464.jpg



散歩の後、コタローはさっさと家に入ってきて、吐いた。
ま、いいか。
朝は、おやつを少し食べて出かけるのだが、今朝はおやつのほかちゃんとご飯も食べて出たから。それに、このところよく食べているし。
(私が、昨夜、甘いおやつパンをやったから、胃が疲れた?)
私が庭で芋虫観察をしていても、出てこない。

e0191206_11043036.jpg

テーブルの下で、呆然としているコタロー。



by sako375 | 2017-06-23 11:23 | 日記 | Comments(4)

芋虫お目見え

2,3日前、アゲハ蝶がフラフラと飛んでいた。
やはり、もう飛んでいるんだ。
水やりのついでに山椒の木を探すと、いたいた。4匹。背中に白い筋があるから2齢。

e0191206_15340906.jpg

写真を撮った後で、もう一度見るとどうも5匹いるらしい。
小さいデジカメのマクロ機能が良くない。大きいデジ一眼のマクロレンズを使った。
こんなのを撮るために、わざわざ一眼レフのレンズを取り替えるなんて、、
おまけに重くて手が震えるから、なんとなくピンボケ。


去年は、知らなかったから割り箸でつまんで、裏の家に投げ入れた。山椒の木も枝を切りそろえて葉っぱを少なくした。
ユスラウメさんにアゲハの幼虫だと教えてもらって、焦った。次の芋虫はどんどん大きくなり、山椒の木は丸裸になり、とうとう芋虫のエサがなくなった。
かわいそうなことをした。

今年は、せっせと葉を茂らせているから大丈夫と思う。

e0191206_15175172.jpg


アゲハ蝶は、1シーズンに5回くらいのサイクルで育った木に戻ってくるのだそうだ。
この木は、今年も最後は丸裸になるかもしれない。でも、これ以上の面倒みない。
葉っぱがどうなるか考えないで、卵を産みつけたアンタが悪い、と言おう。




by sako375 | 2017-06-17 15:44 | 日記 | Comments(6)

ダラダラの日

やる気が起きない日は、なんとなく片付け。

コタローの子供の頃の写真が出てきた。
子犬の頃の写真はほとんど失くしてしまったので、大喜びでパソコンに入れようと、パソコンをonにする
他にもあるかな、と探す
すると初めに見つけた写真がどこかにまぎれて見つからなくなった

歳をとってヨレヨレしているなんて、犬のことは言えない飼い主。

我が家に来て4、5日目のコタロー

e0191206_21503250.jpg

e0191206_21502237.jpg


誕生日は5月24日(と犬屋の書類に書いてあった)だから、写真の日付によるとまだ2ヶ月半足らず。
ペットショップはそんなに小さいうちから売っていたのか。忘れていた。
今更ながら、ペットの売り買いの残酷さが、腹立たしい。



by sako375 | 2017-06-10 22:02 | 日記 | Comments(4)

プロ野球セ・パ交流戦

セ・パ交流戦が始まり、ロッテvs 阪神戦に行って来た。
うちの方からの電車内でも、応援のユニフォームを着たり、グッズを持っている人たちが目立つのだけれど、今日はそれほどいない。
そりゃそうだ、平日のナイトゲーム。仕事帰りに見ようという人は、そんな格好していられないもの。

マリーンスタジアムのカモメ(?)バルーン人形

e0191206_12003433.jpg


試合開始1時間前の阪神側。すでに黄色。

e0191206_12051979.jpg


試合前のイベントで、一人寂しいトラッキー。横の変な着ぐるみはなんだろう。

e0191206_12012789.jpg


試合は、どちらチームもよく打ったり打たれたり。こうじゃなくちゃ。
そのうち、ロッテの石川投手がノックアウト、次の土肥投手も高野投手も頼りなく、大嶺投手が出てきたところでオットが「こりゃいかんわ」と私たちは帰ったのだった。
何しろ1イニングずつが長くて、試合が終わらない。直通便利電車は本数が少ないし、うちでコタローが留守番している。初めから終了まで球場にいるつもりはなかったのだから、いいとして、帰宅してみると15対7で阪神が圧勝。
藤川投手が1000奪三振を達成していた。

ネット裏で見やすいいい席だったし、ロッテ側だが阪神ファンのおじさんおばさんが混じっていて叫びまくるから、私も遠慮せず手を叩いて、きゃーと言えたし、やっぱり現場はいい。面白かった。

上本選手。
e0191206_12062410.jpg


昨日の無駄遣い
バットヌンチャク。ジェット風船、ストラップ。

e0191206_12020928.jpg

トラッキーのストラップだと思っていたら、タイガースのユニフォームを着たキティちゃんじゃないか。
アッホくさ。トラッキーのぬいぐるみは高いからこちらにしたのだが、急いでケチるのは良くない。

コタローは、
朝と、出かける前のまだ暑い時間に散歩。
ひたすら私たちの帰りを待っていて、玄関から動かないから、11時に散歩。普段の1,5倍くらいトットと歩き回った。
寝床に行く前にとりあえずばったり。
そこ、邪魔なんだけど。

e0191206_12030254.jpg


この記事は、昨夜犬が「ばったり」の間に書いたのだが、写真を動かしている間に消えてしまった。
昨日は違うことを書いたはずなのだが、ま、いいか。
やりにくい。


by sako375 | 2017-05-31 12:09 | 日記 | Comments(2)

プロ野球オープン戦

ロッテマリーンズ 対 阪神タイガース

マリーンスタヂアムは、今年から ZOZOに名称変更。(ZOZOTOWNは大手のファッション用品通販会社)

e0191206_21224712.jpg

スタヂアムの名前はどうでもいいが、暑いくらいの好天で、試合開始2時間も前に球場に着いたら、オープン戦に関わらずどのゲートも長蛇の列で大混雑。みんな好きなんだねーー。
昨日の、ロッテ巨人戦をテレビ中継で見た。こんなに混んでいなかったような。
これは、阪神ファンが大挙して押し寄せるから、ロッテファンが負けじと詰め掛けたからに違いない。

1塁側と3塁側で、観客の色が白(ロッテ)と黄色(阪神)にきっちり分かれているのが面白い。

e0191206_21230439.jpg

明るすぎてよく写らない。残念。前の席のおじさん、ごめんなさい。
夫が切符を取ってくれたから、私たちは1塁側の内野席。阪神側はラッパの鳴り物入りの応援でうるさいこと、ロッテ側は鳴り物はないが大声で怒鳴りまくるのでやはりうるさい。

私だって、阪神がもっと見せ場を作ってくれたら、周りがロッテファンでも手を叩くのに。
オープン戦では、お互いの練習だから良しとするけれど、なんだか開幕しても阪神には期待できないかも〜。
(結果は6:3でロッテの勝ち)







by sako375 | 2017-03-20 21:27 | 日記 | Comments(6)

オルセーのナビ派展

三菱一号館美術館
副題は、美の預言者たちーーささやきとざわめき
        
        ホームページ
e0191206_12105065.jpg

e0191206_12105628.jpg

ナビ派とは、
19世紀末のフランスにおける大きな美術運動の一つ。
ゴーガンの美学から影響を受け、自ら新たな美の「ナビ(ヘブライ語で”預言者”の意味)」と称した前衛的な若き芸術家たちのグループ。ボナール、ドニ、セルジエ、ヴュイヤール、などなど。
ナビ派の絵画の特徴は、主に①象徴主義 ②平面性と装飾性 ③日常的主題 ④神秘的主題


私はあまりそれぞれの画家は知らない。絵のクラスの一人が、ナビ派展はいいよ、と言っていたから来てみたのだが、なるほど、納得。
神話や歴史上の事件や人物が大画面の隅から隅まで克明に描かれて迫ってこられると、疲れる。早く終わりが来ないかな、と思うことがある。(一人で行くのはこの理由)
この展覧会は、疲れない。戻って見直した絵も多数あった。
「一定の秩序のもとに集められた色彩で覆われた平坦な表面」(ドニ)。

どんな絵画展でも、それぞれの作家の作品に短い歴史と解説がついている。覚えられないから、ナビ派と言われる歴史解説付き図録本を買ってしまった。2400円なり。

e0191206_11571961.jpg
e0191206_11565729.jpg




by sako375 | 2017-02-22 12:51 | 日記 | Comments(2)

笑いヨガ

笑いヨガ教室に行ってきた。
笑いヨガは、インストラクターと言わないで、リーダーと呼ぶみたい。今日のリーダーさんは5カ所の教室を担当している。そのうち我が家から行きやすいところは2カ所。どちらも月に1回、1時間〜1時間半。
今日は、前回と違う教室で、私は2回目。

e0191206_14333018.jpg

笑いヨガはインド発祥で、今や世界100カ国以上で活動しているヨガと呼吸法を合わせた健康法。「笑い」の効能は、テレビの健康番組や新聞でもよく取り上げられている。
家で一人でもできるし、椅子に腰掛けてもできる。


e0191206_14334235.jpg

笑いヨガに期待できる効能は
ストレス解消。やる気アップ。認知症うつ病予防。表情筋を鍛えて美魔女&イケメンに?!
アイコンタクトで心の交流。不眠改善。感染症&風邪予防に、甲状腺機能も向上。
お口から健康に(唾液分泌を促進、誤嚥性肺炎予防)
心肺機能も向上(事情に効果の高い有酸素運動)
便秘も解消。深い呼吸で自律神経のバランスアップ。食欲消化力アップ。
免疫力アップ→NK細胞を活性化
血圧、血糖値の上昇を抑制
低体温・低酸素を改善 痛みの軽減&薬の使用量軽減

すごい効果だ。このような効能を全部期待しているわけではないけれど、私にとってはマットの上で「イタタ。。」と言いながら妙ちきりんなポーズを取るよりは、部屋の中をうろうろしながらアッハッハ、オッホッホとやってる方が、ずっと効果的。安いし(1回500円)、今日は運動した、という気分になれる。
大きい病院でも、介護施設でも「笑い」を導入が増えてきている。

おかしくなくても、笑っているうちに本当に笑えるようになってくる。
そうなった分だけNK細胞が増えているといいナ。




by sako375 | 2017-02-14 14:45 | 日記 | Comments(4)

マティスとルオー展

パナソニック 汐留ミュージアム

e0191206_19585994.jpg

汐留ミュージアムはルソーのコレクションがあり、よくテーマ別に常設展をする。まとめて見たかったから出かけた。
パナソニックのリフォームショールームのガラス張りのビルの横を奥の玄関まで。
この4階がミュージアム。
e0191206_19583986.jpg

ミュージアムの紹介文
アンリ・マティスとジョルジュ・ルオーの生涯にわたる友情が残した、半世紀にわたる往復書簡がこのたび日本語版書籍として刊行されます。刊行記念展となる本展は、二人が交わした言葉やエピソードを絵画作品とリンクさせることで二人の波乱万丈な人生に迫る画期的な試みです。


新聞にも出た。新橋で、大混雑かと思ったが、それほどでもなかった。展示物がたくさん、大きい会場ではないので、割とぎっしり感。
見ていて気がついたのだが、どの絵にも青。背景にも人物にも花にも青。ピカソも青の時代があった。青は画家の永遠のテーマなのかな。
青を見比べているうちに、ルソーの絵は重いし、クラクラした。

展示図録は4000円近くする。絵葉書はケバい。マティスもルソーも大天才、大巨匠であるから、研究し尽くされている。知りたければネットでもなんでも検索すればよろしい。

ミュージアムのサイトから

e0191206_19590669.jpg
e0191206_19584996.jpg



パナソニックの横から見える、近隣のビルを写して君臨する高層ビルは、あのDENTSU。

e0191206_19591557.jpg





1月は長く感じる。
映画4本と美術館(博物館も)見学3件。お正月があったから出足が遅かったが、予定通りのペースで、今月は終わり。



by sako375 | 2017-01-31 20:42 | 日記 | Comments(2)

コタローの絵

鉛筆画の練習。

e0191206_23403477.jpg



白い紙なのだが、鉛筆の持ち方が下手だから、こすれてグレーの紙になってしまった。
写真にすると、描き足りないところやコントラストのつけ過ぎや光の加減がはっきりして、勉強になる。
鼻の頭のところと耳が変なので、直そうと思っていたのに忘れた。
そういうことも写真にするとよくわかる。









by sako375 | 2017-01-26 23:55 | 日記 | Comments(4)

目黒寄生虫館

最も苦手とする虫系が、普通のことに思えてくる日。

公益財団法人目黒寄生虫館は、医学博士亀谷了(かめがいさとる1909-2002)氏の創意と私財投入により設立された研究博物館。
事業は研究活動と学術資料の収集、管理。

e0191206_19561871.jpg

パンフレットと寄生虫館のホームページ

1階で寄生虫の多様性(世界で、研究され発見された寄生虫)、2階で人体に関わる寄生虫の展示。
これまでに関わった医学研究者の方々と現在に至るまでの年表や資料。
1種1種はまるで小さい。目を凝らして見る瓶詰め標本の展示物の他に、巨大模型、8,8mの巨大サナダムシの実物などもある。
とにかく、まず気持ち悪い。これが人や魚や動物の体内に巣食っているのか、と想像するだけで、下手すると夢に見る。
この収集、研究に携わった研究者の方々は本当にすごい、とただ感心しきり。
ショップでは、絵葉書(寄生虫の写真)やTシャツ(寄生虫のイラスト)、研究本(寄生虫)などなどがあるが、さすがに買えなかった。
入館料は無料だから代わりに募金した。


帰りの電車の中で、ふとイモムシのことを思い出した。
去年、アゲハ蝶の幼虫が次々と発生し、山椒の木が丸裸になった。うちの木がそんなに好きなら、頑張って我が庭に住みなさい、と山椒よりイモムシ優先。その後、新聞に「面白くて手に取りたい図鑑」が紹介され、その中に、「イモムシ」があったから、思わず買ってしまったのだった。
芋虫につく寄生虫がいたらどうしよう。
瓶詰め標本や、寄生虫がいる動物の写真や図の展示の中には、芋虫はいなかったと思うが、、。

e0191206_19560197.jpg

イモムシハンドブック①②③
1冊に、庭や畑、公園や校庭などで気になるチョウやガの幼虫=イモムシをだいたい200種掲載。その形や色の多様さ、精巧なつくり、驚くべき生態を、1500点ものカラー写真を駆使して余すところなく紹介。
本屋でも売り切れることが多いのだそうだどうせ注文するなら3巻とも。
だが、うちの山椒に住みたいイモムシはもっとも一般的なナミアゲハ。1巻目の初めのページで私の中ではこの図鑑は終了したのだった。




by sako375 | 2017-01-25 20:24 | 日記 | Comments(6)